視力アップトレーニングの方法・ドットコム

視力をアップするトレーニングの方法は、幼児や小学生の子供の仮性近視をはじめ、遠視、乱視、老眼に有効です。視力0.1の強度近視であっても視力改善は可能です。

サイトトップ > 遠くが見えるということは・・・?

遠くが見えるということは・・・?

遠くが見えると、気持ちのいいものですよね。

普段、近視の人は、裸眼視力だと視界がぼやけてみえます。
視力0.1くらいなら、まだ気にならないこともありますが、視力0.01ほどの強度の近視になると、近視用のメガネレンズを装用したとき、遠くが見えるのは気持ちのいいものです。

はっきり遠くが見えるということは、網膜上に焦点が結ばれている状態といえます。近視の場合だと、目の屈折力が強いために、遠くを見たときに網膜の手前で焦点を結んでしまい、そのため遠くがぼやけるわけです。

遠視の場合は、遠くを見るときは、網膜の後ろで焦点を結ぼうとします。そのため本来は、遠視は遠くを見るとぼやける目なのです。しかし若い人のなかには、目の調節力を駆使して、網膜の後ろの焦点を網膜上に引き戻します。本来は、遠くの景色を眺めるのは目をリラックスさせることになりますが、遠視の場合は、ハッキリ見えているときは逆に目が緊張しているのです。

遠視の人が近くを見ると、さらに網膜から離れた部分で焦点を結びます。そのため、それを網膜上に引き戻せずに、近くのものがぼやけるわけです。遠視の人が近くを見た場合の、目の疲労はかなりのものです。遠視用メガネを装着しないでいると、眼精疲労の元になります。

遠くが見える現象は、高齢になって起きることがあります。
いわゆる遠視化現象ですね。毛様体筋の緊張が解けてくるために、水晶体が薄くなって、自然と遠くが見えるようになるのです。そのため軽い近視の人が、高齢になると遠視化現象によって、近視が治ったように感じたりします。

遠くが見えるようになる遠視化現象は、老眼と混同されがちですが、これはまったく別物です。老眼は、遠くの見え方は今までと変わらず、近くを見るときだけ、水晶体の硬化によって見づらくなる目の老化現象です。

一旦近視になった人が、視力を回復させるには、視力アップトレーニングの方法とか、視力回復手術という手段があります。もちろんメガネやコンタクトレンズという眼科矯正器具を着用して、遠くが見えるのなら、それでも快適な生活を営むことができます。これは価値観の問題です。

幼稚園児や小学生の子供の仮性近視程度なら、視力アップトレーニングの方法を実践することによって、視力改善することでしょう。しかし視力0.01ランクの重度近視になると、視力アップ訓練によって、満足の行く視力まで向上させるのは、かなりの根気が必要です。長い年月を覚悟しなければなりません。

その点、レーシック手術をはじめとしたレーザー角膜屈折矯正手術は、術後すぐに視力がアップします。裸眼で遠くが見えるようになるのです。

ただしレーシック手術には、術後数ヶ月のドライアイ、夜間視力の低下、過矯正、矯正不足、屈折の戻りなどのレーシックの後遺症・合併症もあるということを知っておく必要があります。副作用を熟知した上で、近視改善手術をうけるかどうかを決めましょう。また近視手術をうけても、眼球は長いままの軸性近視なので、網膜剥離や黄斑変性症、緑内障、白内障などの眼病のリスクは、依然として付きまとっています。

こう考えると、遠くが見えるようになる最善の方法は、とりあえず眼鏡や使い捨てコンタクトレンズの力を借りて、視力強制を行なう。その上に立って、将来の視力回復をめざして、視力アップトレーニングの方法に打ち込んでいく、という流れが賢明のような気がします。

たとえ視力アップ訓練によって、わずかしか視力が改善されなくても、視力の急激な低下は予防できますし、眼軸長伸展による目の病気の発症は防ぐことが可能です。ほかの人が眼病にかかる年代になっても、目の病気を発症することなく、健全な目を維持することも可能になるのです。視力アップトレーニングの方法を実践して、ムダになることはありません。

視力アップの方法と訓練一覧