視力アップトレーニングの方法・ドットコム

視力をアップするトレーニングの方法は、幼児や小学生の子供の仮性近視をはじめ、遠視、乱視、老眼に有効です。視力0.1の強度近視であっても視力改善は可能です。

サイトトップ > 目の運動法とは?〜視力をアップさせる眼筋エクササイズ

目の運動法とは?〜視力をアップさせる眼筋エクササイズ

目の運動法とは、眼球を動かすエクササイズです。

つまり目を大きく上下左右に移動させたり、眼をぐるぐるまわしたりする、眼筋トレーニングですね。

目の運動法は、ただ目を動かせばいいだけですから、思い立ったときに、いつでもどこでも簡単に、無料で実践することができます。とくに高価な視力回復訓練機も必要とせず、視力回復センターへの通院もしなくてよいのです。ただし、すべて自己責任で行なう必要があります。

目の運動は、焦点を合わさなくても実行可能ですが、できれば指標を決めるとよいでしょう。目標物があったほうが、目のスピードもアップし、より効率よく視力アップトレーニングの方法を実践できます。

たとえば両手の人差し指を顔の横に立て、眼球を横にすばやく動かして、見比べます。これによって外直筋が強くなります。つぎはあごの辺りと、おでこの辺りに指を置き、その2点を速く視点移動します。

なお目の運動法を行なうときは、メガネやコンタクトレンズは外して行いましょう。とくにずれやすいハードコンタクトレンズを装用したまま、目の運動を視力訓練すると、角膜を傷つける危険があるので、注意してください。

また1回の目の運動は、10秒までとしましょう。
それ以上、連続で目のエクササイズを続けると、眼筋が肉離れを起こす危険があります。いったん休憩を入れてから、また10秒間の眼の運動を行ないます。

指を使った目の運動以外には、パソコンの四隅を利用した目のエクササイズもあります。左上、右上、左下、右下、そして左上と戻ります。これを10秒間行ないます。するとスピードが負荷になって、あなたの外眼筋は最大限に鍛えられます。注意点は、速く目を動かすあまり、軌道がまるまってしまってはいけません。点を見ることを意識して、カクカクに動くようにしましょう。縦バージョンも行ないます。

A4サイズの用紙に、黒丸を書いて、その点を高速に10秒間、視点移動してもいいでしょう。縦や横、対角線など、あらゆる方向を視力回復トレーニングするといいと思います。

なお目の運動のなかには、眼筋のストレッチがあります。
外眼筋を伸ばす運動ですが、長く静止していると、急激に視力が低下する危険があるので、注意してください。どうも外眼筋をのばしたまま、長く静止していると、眼軸を伸ばしてしまう危険があるようなのです。私も、視力が急に落ちたという経験をしました。

速読法によっては、長く眼筋ストレッチで静止しますが、視力0.01という強度の近視の人は、避けたほうがいいかもしれません。でも動的に眼筋をストレッチする目の運動なら、大丈夫です。右、左、右、左と軽快に動かすのなら、大丈夫ということです。

目の運動法には、外眼筋のエクササイズのほかに、毛様体筋の視力トレーニングがあります。これは遠くと近くを交互に見るだけです。顔の前に立てた指先と、遠くの目標物を数秒ずつ見比べます。1秒ずつでもいいでしょう。最速で動かす場合は、前述したように10秒までです。手が離せないようなときでも、寄り目になって鼻先を見て、遠くを見れば、いつでもどこでも簡単に無料でも行なえます。

以上の外眼筋と毛様体筋のふたつの目の運動に加え、強いまばたきをすると、視力アップトレーニングの方法としては、より効果的です。眼筋トレーニングの合間に、顔全体を使って5回強くまばたくのです。最後の5回目は、2秒から3秒間維持しましょう。この強い瞬きも目の運動であり、ほかの近視回復トレーニングを引き立てる調味料のような役割をしてくれます。

視力アップの方法と訓練一覧