視力アップトレーニングの方法・ドットコム

視力をアップするトレーニングの方法は、幼児や小学生の子供の仮性近視をはじめ、遠視、乱視、老眼に有効です。視力0.1の強度近視であっても視力改善は可能です。

サイトトップ > 視力アップアイグラスとは?〜疲れ目解消に効果的

視力アップアイグラスとは?〜疲れ目解消に効果的

視力アップアイグラスという、視力回復グッズが販売されています。

昔はよく雑誌の広告で宣伝されて、高い値段で販売されていましたが、今は、健康雑誌の付録でも手に入りますね。あるいはダイソーなどの100円ショップに行っても、大門型の穴がたくさん開いた視力アップアイグラスを購入できます。

視力アップアイグラスという呼び名は、もともと商品名で、主婦の友社からそういった本が販売されていますね。その雑誌の付録に三つついています。穴の数は、100均のピンホールマスクと一緒で、かたりたくさん開いています。

視力アップアイグラスという呼び名のほかに、ピンホールアイマスクとか、穴あきメガネといったりもします。商品名では、穴の数が少ないパソネット・ピーシー・アイがあります。これは穴が少ないぶん、100均や健康雑誌の付録の穴あき眼鏡よりも、はっきりとものが見えますね。そのぶん、値段も高くなっています。

楽天で販売されている「アイプロテクション」という視力アップアイグラスは、100均で販売されている視力アップサングラスと同様に穴がたくさん開いています。でも、ちょっと高級な感じのするサングラスになっています。値段も、そのぶん高いですね。

視力アップアイグラスを装着すると、近視や遠視、乱視、老眼矯正用のメガネレンズやコンタクトレンズを装用しなくても、よく見えます。その理由は、焦点深度が深くなるからです。あるいはカメラ用語でいうと、被写界深度が深いからといえるでしょうか。どのような距離のものでも、毛様体筋の調節を必要とせずに、等しく網膜上に像を結べるわけです。

視力アップアイグラスを着用していると、小さな穴を通して、対象のものに焦点を合わせるので、ピンホール現象によって、水晶体の厚みを変える必要がありません。水晶体の中央部の一点だけを通過するからです。そのため視力アップグラスを装用しているかぎりは、毛様体筋が休まるため、長時間遠くを見ているような効果が得られます。

視力アップアイグラスは、メガネレンズや使い捨てコンタクトレンズなしでも、遠くがよく見えるのですが、活字はかなり読みづらいです。文字が段々になって、速読できないのです。勉強や読書効率は格段に落ちますね。読書だけでなく、インターネットのサイト閲覧では、視野の広さが情報検索にとって命です。そのため視力アップアイグラスを活用するのは、パソコンの動画とかテレビの映像を見ているときにするといいと思います。

映画とかバラエティー番組、ニュースならイメージを捉えればいいので、細部の見え方にこだわらなくてすみます。また強い光を発するモニターやディスプレイを見ていると、虹彩筋が収縮と弛緩をします。たんに裸眼で観賞してると、虹彩筋は収縮し、瞳孔は小さくなるだけです。しかし視力アップアイグラスを掛けてテレビ番組などを見ていると、穴がない部分と穴の部分をしぜんと見ることになるので、虹彩筋の運動になるのです。

虹彩筋は、光の取り込む量を調節する目の筋肉ですが、じつは遠近調節を担当している毛様体筋とつながっています。ぶどう膜という同じ組織でつながっているのです。そのため、たとえば眼科のミドリンMなどの散瞳薬を点眼すると、瞳孔が開き、毛様体筋が弛緩して、仮性近視の治療に有効なわけですね。

視力アップアイグラスを装着することによって、虹彩筋のエクササイズになるということは、知らず知らずのうちに毛様体筋の運動にもなっている、ということです。

通常、毛様体筋を視力トレーニングするには、遠くと近くを交互に見る視力アップトレーニングの方法を行ないますが、視力アップグラスを着用するだけで、これと同様の視力回復トレーニングが、自力でできてしまうわけですね。

ただし視力アップアイグラスをつかったトレーニングの方法は、たんに毛様体筋の弛緩と運動です。そのため仮性近視や初期の老眼に有効です。視力向上する可能性があります。

もちろん眼球が伸びた視力0.01という強度の近視であっても、実践する価値はあります。ただ眼軸が、穴あきメガネの視力アップトレーニングの方法で戻るわけではありません。疲れ目という、仮性の部分の毛様体筋の緊張は解消できるので、急激な視力低下は阻止できる、ということです。

視力0.1以下の極度の近視・近眼の人は、視力アップアイグラスだけに頼るのではなく、自宅で無料でできる、ほかの眼筋トレーニングと並行して行なうとよいでしょう。そうすると相乗効果となって、あなたの視力アップに役立ちます。

視力アップの方法と訓練一覧