視力アップトレーニングの方法・ドットコム

視力をアップするトレーニングの方法は、幼児や小学生の子供の仮性近視をはじめ、遠視、乱視、老眼に有効です。視力0.1の強度近視であっても視力改善は可能です。

サイトトップ > 視力アップの3Dアート〜平行法と交差法で立体視!

視力アップの3Dアート〜平行法と交差法で立体視!

視力アップの3Dアートのイラストは、簡単に視力回復ができるとして、巷では人気があります。

本屋の健康コーナーに行くと、かならずといっていいほど、何冊か並んでいます。これは買う人が多いため、何種類かつねに置いているのでしょう。視力が出ないとか、視力が急に落ちたという人は、まず視力アップの3Dのイラストで、視力改善を試みるといいでしょう。

視力アップの3Dアートの本は、マジカルアイと呼ばれます。そのほか視力回復の本によっては、マジックアイ・エクササイズといったり、マジカル3D、ファンタジー3D、ミラクル・アイ3Dとも言ったりします。栗田昌裕氏の「3D写真で目がどんどん良くなる本」は有名ですね。

視力アップの3Dのマジカルアイは、ステレオグラムの理論を採用しています。本来は2枚の同じ写真やイラストを並べているのですが、一枚の絵のこともあります。CGの画像を平行法と交差法という2種類の見方をすることによって、立体的に浮き出てきて、幻想的な気分を味わえます。

いまは3Dブームです。
映画でも、ゲームでもそうです。携帯型ゲーム機では、ニンテンドー3DSが発売になりますね。そのうち携帯電話でも3Dの動画が見れる時代がやってくるのでしょうか?

平行法とは目をまっすぐにして、遠くを見るような目つきです。視力アップの3Dアートのちょっと先に、焦点を合わせるようにします。交差法とは、寄り目のような感じです。画像の手前で焦点を合わせるようにすると、うまくいきます。

平行法は遠くを見るのと同じ目の使い方なので、近視の人が視力アップトレーニングの方法として採用するといいでしょう。外眼筋のうち外直筋が鍛えられ、同時に毛様体筋を弛緩させる効果が期待できます。

交差法はきつい寄り目であり、近くを見るときの目の使い方に近いといえます。そのため強度の近眼の人が、この視力訓練をすると、急激に視力が低下する危険があります。視力が落ちたということにならないために、近視の人は、平行法をエクササイズしましょう。

交差法は近くが見づらい遠視や老眼の人が行なう、目の運動法といえます。この輻輳のとき、外眼筋の内眼筋が鍛えられ、同時に毛様体筋を緊張させる効果が期待できます。

視力アップの3Dアートの視力回復トレーニングの方法は、視力が落ちたとか、視力が出ないという人が、まず始めに取り組む近視回復訓練法といえるでしょう。本屋で手軽に手に入りますし、気分もリラックスするので、副作用はありません。むしろ脳を活性化するといわれています。

視力が悪くなる原因は、近くの見すぎとか、せまい範囲ばかりを見続けるために、目の筋肉が硬直するからと考えられます。そうなると視力アップの3Dアートによって、平行法を訓練すれば、眼筋の硬直を解いて、目の血行を回復できます。目の筋肉をリラックスさせながら、適度に鍛えることもできる、それがマジカルアイです。

視力アップの3Dアートによるトレーニングの方法は、本以外に、パソコンソフトでも販売されています。「目がホリデー」とか「ストレッチアイ」といった視力回復のソフトですね。

こういった視力アップの3Dソフトを活用すると、より一層、あなたの視力向上に効果があります。パソコンならではの機能で、画像を拡大したり縮小したりできます。また付属のBGMも流れます。まあ、これは自前で用意してもいいわけですが・・・。タイマーが付いているので、視力アップトレーニングの方法をし忘れる、ということもありません。

視力アップの3Dアートは、仮性近視の回復程度の効果がいいところでしょう。眼球の変形がはじまった普通の近視には、疲れ目解消程度の効果しかのぞめないものと思われます。

うまい使い方は、3Dの立体視エクセサイズだけに頼るのではなく、メインの眼筋トレーニングに添えるスパイスのように活用するといいと思います。

視力アップの方法と訓練一覧